人工毛植毛の安全性

人工毛植毛の安全性

体内に異物を取り込む人工毛植毛に対する安全性を危惧する声は数多くあります。アメリカでは1979年よりFDA(アメリカ食品医薬品局)によって人工毛植毛は禁止されています。

粗雑な植毛法と粗悪な素材を用いたクリニックが感染症を招き、その感染症治療のために抜こうとした人工毛が体内で切れて残留してしまい後遺症を招くという深刻な社会問題に発展したのです。下に人工毛植毛に対し留意すべき点をまとめさせていただきました。

  • ナイロン系の人工毛は耐久性に疑問があり避けること
  • 人工毛の着色には合成染料でなく顔料を使用すること
  • 着色は人工毛作成前の合成樹脂を作る段階で行ってしまうこと
  • 万が一の感染症に備えて人工毛の除去が容易なこと
  • 熱により変色・劣化しないこと

HOMEへ戻る