植毛のリスク(失敗・被害)

植毛のリスク(失敗/被害/クレーム)

昔はパンチ法という植毛方式が採用されていました。これは直径4ミリ程に切り取った円形のグラフト(※10~20本程度の毛が含まれる)を埋め込んでいくものでしたが、植毛後しばらくするとグラフトが収縮してしまい「生えていた毛が中央に寄って束になってしまった」という被害・クレームが続出しトラブルになりました。

現在ではグラフトを髪の毛1本から2~3本(毛包単位)に細分化して植毛しますので、自然に生えているものと遜色なく以前のような失敗やトラブルはなくなりました。現在の失敗談はむしろデザインによるものが増えています。生え際を下げ過ぎたり年齢を考慮せずに植毛し過ぎるなどの不自然な仕上がりを失敗と言ってよいでしょう。

また失敗とは異なりますがショックロスという現象が起こることがあります。これは主に植毛から1~2ヵ月後に既存のヘアが脱毛する現象です。施術は一時的にヘアサイクルに影響を与えるようです。もともと細く弱い毛は永久に脱毛してしまう傾向があります。

HOMEへ戻る