術後直後と経過

術後直後と経過

術後10日から2週間前後に抜糸をします。遠方から出向く場合は自然と吸収される糸を用いることで抜糸を不要とすることもあります。また植毛をしたグラフトは新しい部位で”生着した””生着しない”にかかわらず一度抜け落ちます。

植毛をすると髪の毛は一旦休止期に入るようにインプットされているようです。そして数ヶ月~半年を経過する頃に新しい毛が生えてきます。ですので植毛結果の全体像は手術後1年を経過して初めて知ることになります。

また移植直後の3日間は患部をそっとしておくことを徹底しましょう。こすったりぶつけたりしないことです。寝ている間にひっかいてしまうこともありますので就寝中は手袋をつける等の工夫も必要です。ドラフトが生着するかしないかは植毛手術直後から3日間で決まります。

術後の麻酔が切れた後の痛みですが気になる方だけ処方された痛み止めを飲んでください。当日は入浴及びアルコールを控えます。理由は血行がよくなり過ぎてしまうためです。

なお、ドナー採取部のつっぱりは1週間を目処に気にならなくなります。皮膚はとても伸縮性に飛んでいるのです。移植した部位にできるかさぶたも2~3週間で自然と剥がれます。その後は特別なケアは必要ありません。染色やパーマも可能となります。

HOMEへ戻る