頭皮に移植した毛髪

頭皮に移植した毛髪

植毛した後の髪の毛はそのうち抜けて終わりではありません。移植された頭皮にしっかりと生着し元にあった髪の毛と同様、伸びては抜けるというヘアサイクルを繰り返します。毛髪はもともと持っていた性質を移植された場所でも引き継ぐという性質を持っているためです。

男性が薄毛(AGA)になりやすい部位は前頭部から頭頂部の髪の毛であり、この辺りは男性ホルモンの支配を受けています。しかし後頭部や側頭部では甲状腺ホルモンなどによる支配であり、男性ホルモンの支配を受けていません。

したがって後頭部や側頭部に生える抜けにくい遺伝子を持つ髪の毛を移植した場合、移植先でも男性ホルモンの支配を受けずに生着し続けます。この不思議な現象を「ドナードミナント」と呼びます。また他人の毛髪や人工毛を植毛した場合に起こりえる拒絶反応も自毛植毛に関しては全く心配がありません。一度植毛をすれば一生ものと言われる所以がここにあります。

HOMEへ戻る