医療植毛とは?種類・技術

医療植毛とは?種類・技術の方法

自毛植毛とは自分の髪の毛を移植する医療植毛です。ウェブサイトによっては”地毛植毛”と記してありますがこれは漢字の誤りです。

主に後頭部・側頭部より毛包ごと髪の毛を採取し薄くなった希望部位に移植していきます。移植した毛包の毛乳頭が毛細血管と結ばれることにより新しい部位でのヘアサイクルが可能となります(※ただし移植後3日以内に結ばれないと毛根は死んでしまいます)。このように自毛植毛は生きている髪の毛を移植するため”生毛植毛”とも呼ばれています。

外見が重視されるビジネス社会のアメリカでは年間約80万人が自毛植毛を受けており、現在では最もポピュラーな植毛法となりました。その人気の秘密は何といっても仕上がりの自然さです。難しい生え際も含め極めて自然な仕上がりになります。したがって自ら「植毛した」と公言しない限り他人が気づくことはまずありません。これは植毛技術の進歩のおかげでしょう。

医療植毛の種類には自毛植毛の他に人工毛植毛があり、既に薄毛が進行し採取するドナーが少ない場合は人工毛手術を選択することで植毛が可能となります。このようにヘアースタイルに対して毎日神経をすり減らしながら生活していた方の薄毛の悩みは、医療植毛により解決すること一般的になったのです。

HOMEへ戻る